血圧を下げるお茶の有効成分

高血圧を改善する為にお茶を飲むなら、降圧作用のある有効成分を 意識して飲みたいものです。
降圧効果が期待できるお茶の代表的な成分として、 カテキン・γ-アミノ酸・フラボノイド類・ビタミンC・ゲニポシド酸等があげられます。

カテキンには、血圧上昇の原因、アンジオテンシンIを アンジオテンシンIIに変える酵素の働きを抑制する作用があります。 加えて血液をサラサラにする効果も証明されています。

γ-アミノ酸は高まった神経を鎮めたり、腎臓機能の正常化に働いて、降圧効果を発揮します。

フラボノイド類は毛細血管を強化、血管を広げる作用があり、 血行をよくして、高血圧を予防します。

ビタミンCはコラーゲンを生成し、血管壁を丈夫にしてくれ、 血管強化に役立ちます。

ゲニポシド酸は筋肉を弛緩させ、緊張を和らげる作用があり、 血管を広げて血流の抵抗を減らして血圧の上昇を抑えてくれます。

このような成分が豊富に含まれるお茶を、 効果的な入れ方でタイミングよく、飲み続けることで降圧効果が期待できるのです。

お茶の種類は豊富ですが、カテキン・ビタミンCが豊富な緑茶、 γ-アミノ酪酸(GABA)を多く含んだギャバロン茶、 ゲニポシド酸が豊富な杜仲茶、 ビタミンCたっぷりの柿の葉茶等 好みの味を見つけて、続けてみるとよいでしょう。

更に、お茶に含まれる有効成分も 大事ですが、血液をサラサラに保つために水分補給は欠かせません。 その意味でもお茶を水分としてたっぷり摂取することが必要です。

就寝前と起床時、気温が高い時期や乾燥が気になる時期、 入浴の前後、尿の色が濃くなった時など、1日に何回にも 分けてお茶を飲むことを習慣にしていきましょう。

 

話題の高血圧改善法プログラム

        薬で高血圧は治りません。

あなたは降圧剤を一生飲み続けるつもりですか?

私自身、降圧剤にすっかり頼りきる生活を続けてきたのですが、 今、薬をやめて高血圧を克服できたからはっきりいえます。

※薬を飲み続けても高血圧は改善しません。

薬には血圧を下げる力がありますが、それは高血圧の根本的な治療ではありません。 薬を飲み続けても、高血圧は治らないということです。

更に、降圧剤は長期服用による脳や目、腎臓などの臓器に 深刻なダメージを与える副作用の危険性も指摘されているのを 知っていますか?

そんなこといっても、これまで薬以外の方法で血圧を下げることが できなかったというあなたに尋ねますが、 薬や運動なしで血圧を下げることが出来ると思いますか?

できます。私はある食事法を実行したことにより、180もあった 血圧を3ヶ月で正常値に改善することができたんです。 早ければ数日で結果が出てくるようです。
私は3ヶ月かかりましたが 今の結果に大変満足しています。

薬から解放されて、健康を取り戻せた今、気持ちも前向きになりました。
あのまま降圧剤を飲み続けていたら、生涯に支払う薬代だけでも かなりの額になったことを思うと、随分得した気分です。

ちなみに私はこの方法で高血圧を改善することが出来ました♪

たった3日で血圧を下げる方法はこちら